AGAと診断されたら?

病院で検査を受けた結果、AGAと診断された場合には、どのような処置を施すのでしょうか。これに関しては、基本的に薬を使用するという方法が選択されることになるでしょう。
まず、AGAと診断されたら、はじめにフィナステリドという薬が処方される形になるでしょう。なお、これは病院ごとに違いがありますが、1ヶ月分処方されることがよくあります。これを1日1回服用することになるのです。薬の使用を始めると、早い人だと半年くらいで効果がわかるほどの変化が出ます。また、遅い人でも1年くらいで効き目が分かることでしょう。
それから、一人一人AGAの症状や体質というのは異なりますが、場合によってはミノキシジルを一緒に使用することになります。フィナステリドは経口薬となりますが、こちらのミノキシジルは外用薬、つまり塗り薬ということになります。
また、中には副作用がこわいなと思う人もいるでしょう。薬の使用により男性機能に悪影響が及ぶのではないかと懸念する気持ちは理解できます。ですが、AGA治療に取り入れられる薬というのは、男性ホルモン自体に作用することはありません。そのため、気にしているような勃起不全などの症状を招くリスクはないのです。

そのほかのメニュー

ページ上部に戻る